スポンサーリンク
スポーツ

サッカー南アフリカ戦の審判はポルトガル出身37歳

サッカー

2021年7月22日、サッカーU24東京オリンピック予選リーググループAの初戦が行われました。

審判について調べました。

サッカー南アフリカ戦の審判プロフィール

サッカーU24東京オリンピック予選リーググループAの初戦、審判のプロフィールです。

名前 JESÚS VALENZUELA

出身 ポルトガル

国籍 ベネズエラ

年齢 37歳

レフェリー歴 2011年より

FIFAレフェリー歴 2013年より

スポンサードリンク



サッカー南アフリカ戦の審判への声

U24南アフリカ戦の審判は、少々厳しい判定をするようです。

「審判も24歳以下」説が浮上してしまいましたが、残念ながらアラフォーでした!

また、審判がボールを避けずに蹴ってしまうことには、失笑が集まっていました。

スポンサードリンク



サッカー南アフリカ戦の審判プロフィール

サッカーU24南アフリカ戦のサッカーに酷評が集まっていますが、審判歴10年のベテランレフェリーということが分かりました。

前半で遠藤、後半で堂安がイエローカードをくらい、南アフリカにはカード無し。

日本に厳しい理由は分かりませんが、なんとか勝てそうで良かったですね。