スポンサーリンク
お出掛け

ダイチャリを使ってみました。使い方は?料金は?乗り心地は?

こんにちは、美緒です。

先日、レンタル電動自転車のダイチャリを初めて使ってみました。

主にコンビニなどで、最近増えているレンタサイクルです。コンビニ以外だと、街のお店、空き地、銀行、などチラホラ見かけますね。

なお、私の計画はコチラ。

初回 まずは近場の買い物で使い方を覚える操作に慣れる

2回目 ちょっと遠出したい時すいすい出掛けて、ひとり時間満喫!

さあ、やってみましょう。

ダイチャリ アプリの名前は『ハローサイクリング』だった

レンタサイクルの置き場にある看板。そこのタイトル(サービス名)が『ダイチャリ』なので、アプリも『ダイチャリ』で探しましたが……見当たりません。

それもその筈、看板の下部をよく見ると、アプリの案内がちゃんと書いてありました。『HELLO CYCLING』で探せば良いようです。分かりにくいですね。

 

google playからアプリをスマホにインストールし、

①アプリ登録

②決済方法(クレジットカード)登録

までを家で済ませておきます。

ダイチャリの使い方と料金

①②の事前準備を済ませたら

③使用開始30分前までに利用予約、鍵解除キー発行

近隣の、今借りられる自転車の場所・台数・バッテリー残量をアプリのマップで簡単に見ることができます。「置き場に行ってみたら0台だった!」ということが防げますね。家を出るときに予約ボタンをポチリと押せばいいので、それほど手間ではありません。

※ICカードを登録すると予約不要。私はアプリで完結させたかったのでICカード作成していません。

④自転車番号を確認し、本体電源を入れ、鍵解除キーを入力

乗る前に、サドル高さ、タイヤの空気が極端に減っていないかを確認しましょう。これで乗り出すことができます。

⑤途中駐輪するときは、鍵をかける

普段の自転車を利用するように手動で鍵をスライドするだけです。バッテリーが減らないよう電源を切っておきましょう。再発進する時は電源を入れ、鍵解除キーを入力します。キーを忘れてしまったらいつでもアプリで確認できます。

⑥使用後は好きな返却場所に駐輪し、自転車の返却ボタンを押す

すぐにアプリに返却通知が来て、料金が知らされます。

利用料金

50円~70円/15分毎。※都道府県によって異なる

大体の都道府県が15分70円です。

上限1000円~1500円/12時間 ※都道府県によって異なる ※一部地域のみ500円

なお、私のエリアでは初回の「ちょっとした買い物」(近場2店舗寄るくらい)で使用した際、43分の利用で210円でした。(70円/15分毎)

ダイチャリの乗り心地、メリット・デメリット

メリット

何と言っても利点はその乗り心地!とにかく漕ぎ出しがスムーズです!ペダルひと漕ぎでぐいぃんと力強く発進できるの、気持ちいぃぃ!!

私は脚力が弱いので、もう本当にこの点に感激しました。

住んでいる地域に坂が多いこともあって、「あの坂道を苦労して漕がなくていいんだ」と思うだけで心が軽くなります。

デメリット

2時間ほど使った際に、太ももがパンパンに疲れていました。え、電動なのに疲れるの!?と思ったんですが、原因は『平地でも漕ぎ続けていなければいけない』こと。

ママチャリなら、ちょっと漕いで休憩(足を止めてシャーッと車輪を回す)、ができるのですが、電動自転車は、例えればスポーツジムのトレーニングサイクルのような感じなのです。ずっと負荷がかかった状態でペダルを回さなければいけません。

まとめ

・上り下りの多い道を走るとき、荷物が重い時、急いでいる時ならダイチャリは大活躍!

・ひたすら平地の道のりは結構筋トレになる。

私は車の運転が下手で乗りたくないので、手軽に使える電動自転車は、貴重な足になりそうです。