スポンサーリンク
ニュース

神田川俊郎のコロナ感染経路は?症状が悲惨!一時回復からの急死だった!

神田川俊郎

料理の鉄人で知られる神田川俊郎(かんだがわ・としろう)さん。

コロナウイルス感染症で死亡したことが2021年4月26日報道されました。

しかし「店で倒れた」「自宅で倒れた」等、報道社によって情報が異なり、また、詳しい感染症の経緯も伝えられていません。

症状はどうだったのでしょうか?病院には掛かれたのか、どのように治療したのか・・・。

深堀りしていきます。

神田川俊郎のコロナ感染経路

神田川俊郎
出典:twitter

神田川俊郎さんがどこからコロナウイルスに感染したのか、経路は不明です。

クラスターに合ったのか、誰かの濃厚接触者だったのか、分かりません。

PCR検査を受けたのは病院に運ばれてからでした。

大阪市内では連日患者急増が叫ばれている折のこと、3月中旬から変異株によるコロナ第4波も到来していました。

4月13日以降は府内の新規感染者数が連日1000人を超え、14日には対策本部会議が開かれ緊急事態宣言を要請する準備をしていました。

スポンサードリンク



神田川俊郎は一時回復からの急死だった!

神田川俊郎
出典:twitter

神田川俊郎さんは搬送から一直線に死亡したわけではなく、一時回復しています。

4月16日、自宅の風呂場で意識を失った状態で発見される

大阪市内の病院に搬送

4月24日、会話ができるまでに一時回復

4月25日、午前4時頃、死亡(呼吸困難)

(秋田放送)

発症から死亡まで10日間だったのですね。

ただし最初の救急搬送について、デイリースポーツは自宅ではなく「店舗の2階で倒れた」としています。

関係者によると、神田川さんは今月中旬、大阪市内の店舗の2階で倒れ、出血していた。

市内の病院に搬送され、PCR検査で新型コロナウイルス感染が判明。

(デイリースポーツ)

回復と言っても「出歩ける」等ではなく「会話ができる」程度なので、ベッドから出られるほどではなかったのかもしれません。

とはいえ一時回復して希望が見えてから再度悪化、というのは家族にとっても心穏やかでなかったことでしょう。

スポンサードリンク



神田川俊郎のコロナ治療法

神田川俊郎さんの治療は何で行ったのでしょうか?

酸素吸入やアビガン投与などの治療を受けていた。(デイリースポーツ)

酸素吸入ということは、最初から呼吸がままならなかったのですね。

アビガンはよく聞く治療薬です。

人工心肺装置ECMO(エクモ)での治療を受けていたが、24日にエクモが外され、一安心した矢先に急変した(東スポweb)

エクモは重症患者への“最後の切り札”とされています。

逆に言えば、エクモを取り付けられるということは、症状が重篤であるということです。

新型コロナウイルス感染症の重症患者では、時に重度の肺炎による呼吸不全が起こるため、人工呼吸器で肺に強制的に高濃度の酸素を送って呼吸を補助します。

しかし、さらに肺炎が悪化すると肺胞が著しく損傷し、酸素が十分に取り入れられない状態に陥ります。

このような場合には体外で肺機能の代替をして体内に酸素を取り込み、肺を一時的に休ませるECMOが必要となります。

(メディウスホールディングス)

また、神田川俊郎さんは入院/宿泊療養/自宅療養、どれだったのでしょうか?

救急搬送から入院し、死亡まで病院にいるので、宿泊や自宅での療養はなかったと思われます。

大阪市内の病院はかなり緊迫しているはずですから、病院に入れただけでも運が良かったですね。

とはいえ病院に入れた=最初から重態だった、ということでもあります。

高齢で足や心臓も悪く、直接の死因はまだ判明していない(サンスポ)

81歳という高齢で、心臓も悪かったということで、優先的に治療が行われましたが、力及ばなかったのでしょう。

スポンサードリンク



神田川俊郎はコロナワクチンを摂取していたか

神田川俊郎さんはワクチン接種したのでしょうか?

残念ながら、各社の報道に情報はありませんでした。

厚生労働省は「4月12日から高齢者への接種を開始する」としています。

現在は各自治体で、申込みが殺到している状態です。

スポンサードリンク



神田川俊郎のコロナ死亡まとめ

神田川俊郎さん死去の報道から分かったことは

感染経路は不明

一時回復してからの急死だった

心臓の病があり、最初から重篤だった

治療法は酸素吸入、アビガン投与、エクモ

ワクチン接種は不明

81歳という高齢で、心臓も悪かったということで、優先的に治療が行われましたが、力及ばなかったのでしょう。

残念なことです。