スポンサーリンク
未分類

GODIVAのカップアイス『キャラメル サレ』はどんなお味?

(写真)GODIVAに敬意を表し、金紙の上で撮影しました。

GODIVAのカップアイスには幸せが詰まっている

GODIVAとは、言わずもがなチョコレートの高級ブランド。
もちろん、主要商品はアイスではなくチョコレートです。

食べたことがある方ならお分かりかと思いますが、
箱を開けた瞬間立ち昇る香り、芸術品のように整った一粒一粒、
舌に乗せればほどける口解け、長く引く余韻……
人気を博し続けていることが納得できる、特別なチョコレートなのです。

とはいえ、
7粒で1,620円(税込)
20粒で5,400円(税込)
もするので、とても普段から食べられるものではありません。

それに比べ、カップアイスは1個432円(税込・持ち帰り)
安くはありませんが、チョコレート1粒よりは長く楽しめて食べ応えがあり、
しかもGODIVAならではの香り高さが味わえるとあって、個人的に推しています。

※価格はGODIVA公式ホームページより。本日時点。

偶然に見つけた『キャラメル サレ』

通常、お店に行くか通販するかしないと食べられないGODIVAが、
たまたま私の地域のCO-OP注文品に登場していました。
※全国的にカタログ掲載されているかどうかは不明。

その名も『キャラメル サレ』。
コロナウイルス感染対策でなかなか出掛けられない私に、GODIVAの方から来てくれた!と嬉しくなり注文。
見たことのない名前だったので新商品かと思い調べたところ、
2018年11月20日よりコンビニエンスストアで、地域・数量限定として売り出されたもののよう。
知りませんでした。

コンビニエンスストア用の小さめ100mlサイズ、356円(税込・発売当時)

ちなみにキャラメル・サレとは、菓子業界で塩キャラメルとチョコレートを用いた菓子に付ける名のようです。
GODIVAが用いるにはピッタリですね。

チョコ好きもアイス好きも満たされる、完成された味

一口目からもう、「あぁ、GODIVAを食べている」という幸福感が押し寄せてきます。
何と言っても、鼻を抜ける香りが違う!
アイスなのに、しっかりチョコレートを食べているようなカカオの香りなのです。
薄い色の部分はキャラメルの味、
濃い色の部分はダークチョコレートの味、
それらが混ざり合って『キャラメル サレ』が完成されます。
あぁ、幸せ……!
ダークチョコレートといっても苦さは抑えられていて、どちらかといえばキャラメル寄り。
かといって巷の塩キャラメルほど直接的な甘みではなく、
豊かなカカオの香りの中の苦さと甘さがマッチしています。

他に、コンビニで手に入るGODIVAアイスは?

今年6月に別種のコンビニアイスが出回ったようですが、
残念ながら現在各社コンビニを見回っても発見できません。
常時コンビニにGODIVAのアイスが置いてあるわけではないので、最新情報を待ちましょう。