スポンサーリンク
漫画・アニメ

ダイの大冒険 新作アニメ第一話感想

こんにちは、美緒です。
10/3(土)9:30~ダイの大冒険アニメ開始!ということで楽しみにしていました。

まずは私とダイの大冒険との距離感の説明を・・・。
私は兄の漫画を読んでダイ大に馴染んだクチなので、世代的には一つ下です。
アニメも観ていなかったので、今回が丸っきり所見。
ドラゴンクエストのゲームは、ゲームボーイポケット版を、
兄がクリアした後で貸してもらいました。
ゲームが得意ではなかったのでクリアはしていませんが、とても楽しかったのを覚えています。

さて、アニメの感想を。
オープニングからもう、映像がカッコイイ!
放送時間帯から言って少年向けだと思うんですが、
背景・動き・技の見せ方など、深夜アニメのしっとりした感じとは異なり
とにかく少年の心に刺さる『分かりやすい格好良さ』を目指したのが伝わってきます。

当たり前なんですが、再放送ではなく完全新作なので
映像に古さがない。
キャラクターは原作よりも今風に垢抜けてデザインされ、
魔物たちの発色は色鮮やか。
空や海が荒れる様子はCGで細かく描写され、
視点は一定でなく回転するようによく動く。

魔物たちが一堂に会した場面では、それぞれがユラユラと体を動かしていて
『生きている大量の魔物たち』という感じがすごくしました。
ゴメちゃん、単色塗りでない複雑な金色で、ぷるぷるしていて、かわいい!
ブラスじいちゃんは前作アニメではオレンジ色だったそうですが、今回は漫画通りの灰色でした。

偽勇者でろりん達との戦闘場所がロモス城でなく海上の船になっていたのが不思議でしたが、
王が最後に「パプニカ王国へ向かう」と言っていて
更に予告編で早速パプニカ王国レオナ姫が出てきたので、構成上の工夫だったんですね。
レオナ姫、衣装のヒラヒラ薄絹が素敵に描かれていて、女性もドキドキする可愛らしさです!
甘すぎない気の強い顔立ちで、ちゃんと魅力を分かってますねデザインさん!

覇者の冠は、金色でなく銀色になっていました。
これも、何とは言わないけれどきっと後々の構成を考えてのことでしょう。

かなり早い展開で進んだ感じがあるけれど
原作的には最初の2話が収まった程度。
急ぎ足というほどではありません。

新作アニメがあるということは新作ゲームが来るのかな?
と思っていたけれど、合間のCMで入っていたのは、
カードゲーム機、スマホゲーム2種、おもちゃ、オープニング曲。
あとは他アニメの予告。
ドラクエという鉄板商品に新たな年齢層を呼び込む、ということなのでしょうか。

オープニング・エンディング曲はどちらも『マカロニえんぴつ』さん。初めて知りました。

声優さんには詳しくないのですが、私は違和感なく楽しめました。
以前のアニメを知っている人ほど、そうはいかないのでしょうね。